美しい景観に包まれ、故人とともに安らげる霊園を選ぶなら

下記霊園についてのお問い合わせはこちらから

  • やすらぎの丘霊苑
  • 北大阪霊園
  • 京阪奈墓地公園
  • 野崎霊園

スペシャルコラムお役立ち情報が満載

墓じまいをするためにはどうすべきなの?

墓じまいをするためにはどうすべきなの?

昔は考えられなかった墓じまいという制度ですが、まさに現代だからこそ存在している制度かもしれません。
今では数多くの人たちが墓じまいをしており、永代供養墓を利用している現状があります。
先祖代々のお墓を守り続けるというのが日本人の伝統でしたが、地元を離れて都会に出て、なかなかお墓の世話ができないといった悩みを多くの人が抱えているのでしょう。
そういったこともあり墓じまいを検討しているケースがたくさん見られますが、実はきちんとした手順を踏まなくてはいけません。
永代供養墓を利用しようと思って勝手に墓じまいをすると大変なことになる可能性があるので注意してください。
まずはお墓が存在している地方自治体の役所にて改葬許可申請書をもらって、必要事項をきちんと記入して、お墓を管理しているところからも署名などをもらいます。
そして永代供養墓を使用するのであれば、その永代供養墓を管理しているところから使用の許可書をもらうことになります。
これらすべてをはじめに訪れた地方自治体の役所に持参して改葬許可証を発行してもらうことになるでしょう。
まだこれで完了したわけではなくて、閉魂供養をして遺骨を取り出して、次に利用するところに役所で発行してもらった改葬許可証と遺骨を持っていき、納骨などをすることになります。

墓じまいはとても大変

墓じまいはとても大変

上記したように納骨するお墓を変えるというのはとても大変で、戸惑うこと間違いありません。
しかしこの作業は一回きりでしょうし、墓じまいをして永代供養墓にすることによって、お墓の管理という重責から解放されるのはメリットでしょう。
お墓の管理というのは本当に大変で今後は今以上に墓じまいをする人が増えてくるでしょうし、お墓の在り方が変わってくるかもしれません。
現在あるお墓を墓じまいして永代供養墓にしようと考えているなら、上記した流れは理解しておきたいです。

  • やすらぎの丘霊苑
  • 北大阪霊園
  • 京阪奈墓地公園
  • 野崎霊園