美しい景観に包まれ、故人とともに安らげる霊園を選ぶなら

  • やすらぎの丘霊苑
  • 北大阪霊園
  • 京阪奈墓地公園
  • 野崎霊園

スペシャルコラムお役立ち情報が満載

火葬してから納骨までの期限や期間について

火葬してから納骨までの期限や期間について

世界に目を向けてみると各国、そして地域や民族によっては火葬をしないところも珍しくはありません。
しかし日本においては火葬をするというのは常識的なことですし、火葬をした際に出る遺骨をお墓などに納骨していると思われます。
気になる点として挙げられるのは、火葬を行ってから納骨するまでの期限や機関に決まりがあるのかという点でしょう。
何ならかの事情があってなかなか納骨することができずにいる人もまれにいますが、実際問題法律によって「〇日以内に納骨しなくてはならない」と決められているわけではありません。
ですから特に火葬をしてから納骨するまでの期間について気にしすぎる必要はありません。
地域や信仰している宗教によっても火葬をしてから納骨するまでの日数などは異なってくるかもしれません。
ですが一般的には四十九日を機にお墓に納骨する場合も多く、場合によっては百日法要を待つケースもあるでしょう。
しかしこれらはあくまで一般例でありますからこのような常識に従わなくてはいけない…というわけではありません。

火葬まで、そしてお墓に納骨までの期間はルール付けされていない

火葬まで、そしてお墓に納骨までの期間はルール付けされていない

上記したように納骨をいつまでに行わなくてはならないというルールは設けられていません。
それと同様に火葬するまでの日数についても特に定められていません。
というよりも早めに火葬をしたくても火葬場の予定が埋まっているというケースも珍しくありません。
故人が亡くなってから火葬するまで、そして納骨を行うまでの期間の指定はありませんが、人が亡くなった際には行わなくてはいけないことが多数用意されていますし、 中には期限が設けられているものも多数あるので、その点には注意が必要でしょう。
また遺骨は保管環境によっては長い期間置いておくと劣化してしまうので、比較的早い段階でお墓に納骨することも検討したいです。
やはり遺骨は早めに納骨するほうが良いかもしれません。

  • やすらぎの丘霊苑
  • 北大阪霊園
  • 京阪奈墓地公園
  • 野崎霊園