美しい景観に包まれ、故人とともに安らげる霊園を選ぶなら

下記霊園についてのお問い合わせはこちらから

  • やすらぎの丘霊苑
  • 北大阪霊園
  • 京阪奈墓地公園
  • 野崎霊園

スペシャルコラムお役立ち情報が満載

樹木葬とは

樹木葬とは

樹木葬とは、花や木などの樹木をお墓の代わりにする自然葬の種類です。
行政の許可を取った霊園や墓地に遺骨を埋葬しますが、散骨ができる樹木葬もあります。
多くは、骨壺を使わず遺骨をそのまま土に返しますが、粘土や布、和紙など自然に帰る素材で骨壺を作ることもあります。
一定期間は骨壺のまま埋葬されたあとに合祀するなど、お墓によって異なりますので、希望に添った形かを確認しましょう。
樹木葬は基本的に、継承者なしでも永代供養してもらえるので、少子化の時代に増えている形です。
また、家や宗教に縛られないので、広く人気を集めています。
費用は、30~70万円程度ですが、年間管理料が別途必要な墓地もあります。

樹木葬の種類

樹木葬の種類

樹木葬ができる場所として2種類に分けられ、自然を生かした「里山型」と霊園内に区画された「公園型」があります。
里山型では、自然と一体化するケースが多く、お墓が見つけにくかったり、荒らされたりする心配もありますが、里山でゆっくり眠ることができるというのが理想の方には、ぴったりです。
公園型では、霊園内に区画を設けるタイプと、1つの木の下に合同で眠るタイプがあります。
生前に、現地を見て、気に入った場所を決めておくと良いでしょう。
樹木葬で人気があるお墓の種類として、「桜葬」があります。
桜の木をシンボルツリーとする公園型の樹木葬の種類のひとつですが、桜自体が人気の木ですし、寿命が長いのも魅力です。
毎年、春に親族が集まり、供養をしたり、霊園で合同供養を行ったりします。
お花見気分で気軽に、故人を偲んで集まるというのは、大きなメリットといえるでしょう。
また、霊園というより、庭園を作り上げたガーデニングタイプも人気です。
実際に見学に行って施設の住職や管理者に案内してもらうと、施設の様子や設備、周辺環境をしっかりチェックすることができるでしょう。
施設によっては、見学希望者のためのバスツアーを開催している場合もあります。
お墓の継承者がいない、というのは現代の悩みの一つですが、自分の気に入った場所で、永代供養してもらえるなら安心です。

  • やすらぎの丘霊苑
  • 北大阪霊園
  • 京阪奈墓地公園
  • 野崎霊園