美しい景観に包まれ、故人とともに安らげる霊園を選ぶなら

  • やすらぎの丘霊苑
  • 北大阪霊園
  • 京阪奈墓地公園
  • 野崎霊園

スペシャルコラムお役立ち情報が満載

永代供養とは

永代供養とは

永代供養とは、寺院や霊園が遺骨を預かり、供養や管理を行ってくれるものです。
「永代」というと、未来永劫かと思いがちですが、寺院や霊園ごとに期間が決まっており、一般的には33年となっています。
最近では、依頼先に相談すれば、様々な年数を設定することができるようです。
遺骨は、「合同墓」や「合祀墓(ごうしぼ)」と呼ばれる、共同で使うお墓で管理されます。
供養方法ですが、永代供養墓には2種類あり、お墓を個別に供養する「分骨型」と、ほかの方と一緒に供養する「合祀」です。
合祀の方が費用負担は少ないのですが、お骨を取り出せないので注意してください。
また、末永く供養してもらえますが、寺院や運営者がどのような供養をするのか、その考え方も聞いておいた方が良いでしょう。
永代供養の費用は、分骨型で30~50万円、合祀型で5万円くらいが平均的な費用です。
費用の内訳は、供養墓の使用料、施設の管理費のほかに、法要へのお布施なども含まれています。
最初に払う費用に、これらが全て含まれているかどうかも確認するといいでしょう。

永代供養をお願いするタイミング

永代供養をお願いするタイミング

永代供養を考えたとき、どのタイミングでお願いすれば良いのか、迷う方も多いでしょう。
最も多いのが、生前に決断したタイミングで申し込みする、というものです。
最近では、そうした生前に永代供養を頼むという希望者に対応可能な寺院や霊園も多くなってきています。
ただ、生前申し込みをした場合、納骨まで年間管理費用がかかる場合もあるので、契約前のタイミングで確認した方がいいでしょう。
また、一般のお墓を使っていたけれど、永代供養に変更したい場合は、役所で「改葬許可申請書」をもらい、作成します。
そのためには、使用する供養墓のある寺院などから「使用許可証」をもらい、それを持って、役所で「改葬許可証」をもらわなくてはいけません。
そして、今まで使用していたお墓を「魂抜き」してもらい、墓地を整理します。
その後「改葬許可証」を永代供養墓のあるお寺に提出し、納骨するという流れです。
永代供養をお願いするのに、特別に決まったタイミングはありません。
お墓の購入を考えたとき、法事が終わった後など、費用の負担の軽い永代供養にしようと思ったタイミングで大丈夫です。

  • やすらぎの丘霊苑
  • 北大阪霊園
  • 京阪奈墓地公園
  • 野崎霊園