美しい景観に包まれ、故人とともに安らげる霊園を選ぶなら

下記霊園についてのお問い合わせはこちらから

  • やすらぎの丘霊苑
  • 北大阪霊園
  • 京阪奈墓地公園
  • 野崎霊園

スペシャルコラムお役立ち情報が満載

改葬の手続きと必要書類

改葬の手続きと必要書類

これまで埋めていたお墓から、新しいお墓へとご遺骨を移す「改葬」を行うためには、行政的な手続きを踏む必要があり、改葬のためには多数の書類が必要となります。
改葬にはまず、新たなお墓にて「受入証明書(永代使用許可証)」を発行してもらい、現在ご遺骨のあるお墓から「埋葬証明書(納骨証明書)」を発行してもらうという手続きが必要です。
これら2つの書類は行政手続きのために必要となり、これらの書類を役場へと持っていくことによって、改葬許可書を交付してもらわなければなりません。
役場から交付してもらった改葬許可書は、新しいお墓にご遺骨を納めるために必要となる書類で、これを提出して一連の手続きが終わることになります。
役場と新しいお墓、これまでのお墓を行ったり来たりしなければなりませんので、概要はしっかりと把握しておきましょう。
分かりやすくまとめると、手続きに必要となる手順は以下の通りです。

1.受入証明書(永代使用許可証)と埋葬証明書(納骨証明書)の発行
2.役場にて両書類を提出、改葬許可書を交付してもらう
3.改葬許可書を新しいお墓へ提出

特殊なケースに必要な手続き

特殊なケースに必要な手続き

葬儀が埋葬だったというケースだと、改葬を行う際にご遺体の一部が残ってしまっていることもありますが、このような場合には火葬が必要となります。
受入証明書や埋葬証明書を役場に提出する際に火葬の旨を報告すると、火葬許可書が発行されることになり、これによって火葬が可能となるのです。
改葬の際に分骨をしたいという希望があるケースでは、分骨をするために分骨証明書が必要となります。
分骨証明書は、これまでのお墓の管理者に問い合わせると発行してもらえることになり、分骨先のお墓の管理者に提出しなければなりません。
分骨を希望する、火葬が必要となる、といったケースは稀ではありますが、一応頭の片隅に入れておくと、もしもの時にも柔軟に行動できますので念のため、覚えておいてください。

  • やすらぎの丘霊苑
  • 北大阪霊園
  • 京阪奈墓地公園
  • 野崎霊園