美しい景観に包まれ、故人とともに安らげる霊園を選ぶなら

  • やすらぎの丘霊苑
  • 北大阪霊園
  • 京阪奈墓地公園
  • 野崎霊園

スペシャルコラムお役立ち情報が満載

樹木葬と散骨の違いについて

樹木葬と散骨の違いについて

通常のお墓への埋葬とは異なり、樹木葬や散骨といった方法は、自然と強い結びつきがあります。
まず樹木葬は、霊園などに設けられている樹木葬専用のスペース、そして一般的な石によるお墓があるのと同じようなスペースに樹木を植えて、骨もそこに埋葬するという方法です。
亡くなった後は、窮屈な墓石の中ではなくて、より自然に近いほうが良い…と考えている人もいるでしょうが、そういった人におすすめです。
一般的なお墓の場合は骨壺を使いますが、樹木葬に関してはあまり用いられず、直接お骨を土の中に埋めていきます。
自由な感じがするということで、この方法を希望する人も多く、今樹木葬は大変人気が出てきています。
これと似た方法に散骨もありますが、こちらも自然の中に骨を帰すというものです。
ただし決定的な違いがあり、散骨はお墓ではないところに撒くことになります。
例えば空から撒いたり、海に撒いたりなど…自由度は高まりますが、お骨をパウダー状にしないといけません。

樹木葬と散骨の注意点

樹木葬と散骨の注意点

樹木葬儀や散骨を行う際には、注意しなくてはいけないこともあります。
まず、樹木葬をするためには霊園などのように、お墓用の土地に埋葬することが義務付けられています。
ただ単に石のお墓ではなくなるだけですから、実は樹木葬と普通のお墓の違いはそれほどないかもしれません。
それに対して、散骨はもっと大掛かりで、例えば空から撒くとなるとヘリコプターを利用するケースもあります。
お骨をパウダー状にしなくてはいけませんし、撒く場所によってはトラブルになりかねません。
散骨も適法ではありますが、個人で行うケースも多いので、事前に最低限のルールくらいは確認したいです。
今は樹木葬や散骨、それ以外にも多種多様な埋葬方法が出てきています。
これらを比較することによって、どれが最も良いのか判断しやすくなるでしょうし、注意点も知ることができるはずです。

  • やすらぎの丘霊苑
  • 北大阪霊園
  • 京阪奈墓地公園
  • 野崎霊園