美しい景観に包まれ、故人とともに安らげる霊園を選ぶなら

  • やすらぎの丘霊苑
  • 北大阪霊園
  • 京阪奈墓地公園
  • 野崎霊園

スペシャルコラムお役立ち情報が満載

樹木葬を行う流れについて

樹木葬を行う流れについて

人が亡くなった場合、日本では一般的にお墓を作り、その中に遺骨を納めることになります。
ただし、最近はお墓の在り方が変わってきており、一昔前では考えられない方法も多数登場しています。
最近利用する人も多くなってきたのが樹木葬で、これはある意味ではとてもシンプルで、あまりお墓といった雰囲気はありません。
自然を感じさせる方法のため、あえて樹木葬を選ぶケースもあるでしょう。
樹木葬の流れは、それぞれの墓地によって異なりますが、大抵は下記のような流れになります。
故人が亡くなった場合、その状況によって対応が異なりますが、病院で亡くなった場合などは、病院で死亡診断書を作ってもらうのが一般的です。
そして、定められている期間内に死亡届を提出し、火葬許可証、埋葬許可証をもらいます。
その後、一般的にはお通夜と葬儀を執り行い、火葬場で…ということになりますが、この際に火葬許可証が必要になるでしょう。
お骨上げなどを行い、その後埋葬や散骨を行うことになりますが、樹木葬で埋葬する場合は霊園側とスケジュールの打ち合わせをします。
そして埋葬をする、という流れですが、樹木葬の場合だと樹木がお墓(墓石)代わりになり、故人の名前の石板プレートを作るか、すでにあるプレートに名前が刻まれることになるでしょう。
樹木葬を行うことが出来る場所も決まっているので、その管理している墓地によって規則などもあるでしょうから、それに従うことになります。

樹木葬について

樹木葬について

樹木葬は名前の通り木を使用する方法ですが、1人の故人に対して1本の木を植えることもあれば、すでに大きな木が植わっていてその周囲に納骨する方法もあるでしょう。
霊園によって納骨方法や樹木葬の形式は異なりますが、埋葬する以上関連する法律の適用内となります。
あらかじめ樹木葬を希望している場合は、早めに霊園などに相談をして理想的なところを探して契約しておくことをおすすめします。
亡くなってから突然探しても、理想的なところをすぐに見つけることは難しいですし、探す時間もないかもしれません。
樹木葬の流れについて、あらかじめ知っておくと、すべてに余裕ができます。

  • やすらぎの丘霊苑
  • 北大阪霊園
  • 京阪奈墓地公園
  • 野崎霊園