美しい景観に包まれ、故人とともに安らげる霊園を選ぶなら

下記霊園についてのお問い合わせはこちらから

  • やすらぎの丘霊苑
  • 北大阪霊園
  • 京阪奈墓地公園
  • 野崎霊園

スペシャルコラムお役立ち情報が満載

永代供養にしたときの位牌の取り扱いについて

永代供養にしたときの位牌の取り扱いについて

お墓を継承する人がいないため、遺骨をお墓ではなく永代供養場に埋葬する方が増えていますが、 位牌は遺骨を埋葬することになる寺院と相談をして、お焚き上げをしてもらうか、預かってもらいその位牌も永代供養してもらう方法があります。
遺骨を埋葬する寺院が、閉眼供養という儀式やお焚き上げを執り行っていない場合は、仏具店に依頼をするか、預かってもらう方法を選ぶことになります。
預かってもらうときには永代供養もしてもらうのが一般的なのですが、遺骨の永代供養と同じように預けた後は、管理したり供養をしたり、管理費を支払い続ける必要がなくなります。
位牌は、その状態のままで預かってくれる場合と、お焚き上げをして、燃やしてしまい残された灰を埋葬するという形で取り扱う場合があります。
どちらの方法を選ぶかは、寺院が対応できるかどうかや、お焚き上げの方法と、預けて永代供養をしてもらう方法のどちらも選べる場合は必要となる費用などを比べてみた上で検討をしてみるということになります。

位牌の取り扱いの詳細について

位牌の取り扱いの詳細について

お墓を承継する人がいなかったり、残された子どもに遺骨の管理の負担をかけさせたくなかったりといった理由で遺骨をお墓ではなく永代供養墓に埋葬することを検討するときに、 位牌はどう扱ったらよいのかという問題が発生します。
問題を解決するためには、遺骨を埋葬してもらう寺院に相談をするのが良い方法です。
お焚き上げをするか、寺院に預かってもらうのが一般的になります。
お焚き上げは、閉眼供養という儀式を執り行った後に燃やしていただくことです。
寺院にお焚き上げを依頼するのが一般的ですが、寺院により、お焚き上げを執り行わないこともあるため、その場合は仏具店に依頼をしてみることになります。
位牌を寺院に預かってもらう場合は、その寺院が永代供養することになります。
承継する人がいない場合も管理する心配がなく、年間管理料も支払う必要がないため遺族が負担しなくても済みます。
そのときに、位牌をそのまま預かってくれる寺院もあれば、お焚き上げをして、灰になったものを埋葬する寺院もあります。

  • やすらぎの丘霊苑
  • 北大阪霊園
  • 京阪奈墓地公園
  • 野崎霊園