美しい景観に包まれ、故人とともに安らげる霊園を選ぶなら

下記霊園についてのお問い合わせはこちらから

  • やすらぎの丘霊苑
  • 北大阪霊園
  • 京阪奈墓地公園
  • 野崎霊園

スペシャルコラムお役立ち情報が満載

閉魂法要とは?

閉魂法要とは?

閉魂法要は、お墓を移動したり改葬したりするときに行われる法要です。
閉魂法要は閉眼法要や閉眼供養、魂抜き、性根抜きなどとも呼ばれていて、どれも同じ法要を指しています。
改葬はお骨をお墓から取り出し別のお墓に移す作業ですが、そこには宗教が多分にかかわってくるので、注意が必要です。
勝手にお墓を動かして、中の遺骨を取り出すことは絶対にしてはいけません。
必ず住職または僧侶に、閉魂法要を行ってもらうようにしましょう。
閉魂法要が魂抜きと言われる所以は、墓石に宿った魂をいったん外に取り出し、何も宿っていない石に戻すというところから来ています。
お墓を開けるのに「閉」魂や「閉」眼と言われているのも、その場から仏様がいなくなるという意味が語源なのでしょう。
反対に、改葬先で新しいお墓に納骨する際は、魂入れ・開魂法要・開眼法要などと呼ばれます。
ちなみに、仏様はお墓の中でも竿石に宿っているとされているため、墓石に新しく文字を彫ったり、竿石を動かしたりする際にも閉魂法要が必要です。

閉魂法要を行う準備はどうすれば良い?

閉魂法要を行う準備はどうすれば良い?

閉魂法要を住職や僧侶に依頼する際は、お布施が必要になります。
相場は1万円前後ですので、特別な理由がない限りは1万円で問題ないでしょう。
閉魂法要を予定している日から1か月前までには、依頼を済ませておいたほうがスマートです。
閉魂法要で持っていくものは、線香とろうそくの他、数珠もあると良いでしょう。
また、仏花はできるだけ生花を準備します。
お墓をお引越しするのはめでたいことなので、お赤飯や紅白のお餅もお供えしたり、故人の好きだった食べ物をお供えしたりしてもいいかもしれません。
ただし、お供えする際は通常のお墓参り同様、生ものやすぐに腐ってしまうようなものは避けてください。
開魂法要は、故人の知人などに連絡を取り盛大に行うこともありますが、閉魂法要は身内だけの小規模で行うのが定石のようです。
知人・友人への連絡は、開魂法要の日時だけで構いません。
閉魂法要は頻繁に行うものでもないため、わからない部分も多いかと思われます。
疑問があればお墓の管理者や、お世話になっている住職に相談しましょう。

  • やすらぎの丘霊苑
  • 北大阪霊園
  • 京阪奈墓地公園
  • 野崎霊園