美しい景観に包まれ、故人とともに安らげる霊園を選ぶなら

下記霊園についてのお問い合わせはこちらから

  • やすらぎの丘霊苑
  • 北大阪霊園
  • 京阪奈墓地公園
  • 野崎霊園

スペシャルコラムお役立ち情報が満載

永代供養とは

永代供養とは

日本は昔から、「お墓は先祖代々引き渡され末代まで守っていくもの」というイメージが強くありました。
しかし、少子高齢化が叫ばれる現代において、生涯子供を授からずに他界してしまう人や、子供はいても孫がいないケースも多くなってきています。
核家族化も進み、自分が他界した後、お墓の世話をしてくれる人がいなくなってしまうのです。
だれも訪れないお墓は当然ながら汚れてしまいますし、忘れ去られてしまうこともあるでしょう。
そんな中で注目されているのが永代供養墓です。
合同墓や共同墓などとも呼ばれており、お墓参りをする人がいなくてもお寺が管理してくれるため、安心して埋葬することができます。
永代供養墓の形は、普通のお墓を大きくして地下または半地下に納骨室を作るタイプの他、建物の中にお骨を納めるタイプの納骨堂や納骨室の下にお墓を作るタイプなどもあります。
納骨されている人は墓誌に彫られるパターンが多いですが、過去帳や墓籍簿などで管理する場合もあるようです。

一般的なお墓との違い

一般的なお墓との違い

永代供養墓は個人で建てることもできますが、基本的には前述のとおり合同で納骨されます。
そのため、墓石代がかからず、墓地の使用料も比較的割安です。
さらに、初めに永代供養のための料金を支払えば、そのあとで発生しがちな管理費や寄付金などが一切不要となります。
永代供養墓は、個人で新しくお墓を建てるよりもずっと安く埋葬することができるのです。
また、お墓はどの宗教を支持しているかで形式が変わりますが、永代供養墓なら宗教は問われません。
お墓参りをしなくても、お寺が供養してくれる点も永代供養墓の特徴といえるでしょう。
供養の仕方はお寺によって異なりますが、春・秋の彼岸とお盆に永代供養墓の合同供養という形で供養が行われるお寺もあれば、回忌供養まで行ってくれるお寺もあるようです。
このような理由から、子供や孫がいても、お墓の管理を代々に任せるのが忍びないという思いから永代供養墓を望む高齢者も増えてきています。

  • やすらぎの丘霊苑
  • 北大阪霊園
  • 京阪奈墓地公園
  • 野崎霊園