美しい景観に包まれ、故人とともに安らげる霊園を選ぶなら

  • やすらぎの丘霊苑
  • 北大阪霊園
  • 京阪奈墓地公園
  • 野崎霊園

スペシャルコラムお役立ち情報が満載

神道の「死」に対する価値観

神道の「死」に対する価値観

神道は仏教と並んで、日本でメジャーな宗教です。
仏教に従って個人を埋葬する場合は、お寺のお墓に埋葬されます。
一方、神道、つまり神社にはお墓がありません。
なぜなら、神道の世界で「死」は不浄のものとして扱われているため、お墓のある神社はあまりないのです。
もちろん寺院墓地を備えていて、新しくお墓を建てることも可能な場合もありますが、たいていは神道のお墓を建てる場合は、公営墓地か民営墓地になるでしょう。

仏教のお墓とは違う神道のお墓

仏教のお墓とは違う神道のお墓

仏教のお墓は仏式と呼ばれているもので、お寺にある和式のお墓はほぼ仏式と考えて間違いありません。
神道は神式と呼ばれますが、形はほとんど仏式と変わらず、仏式と神式を合わせて和型と呼ばれます。
神式が仏式と異なる点は、一番上の石が縦に長いこと、石の一番上はピラミッドの形をしていること、祭祀の際用いられる八足台に見立てた部分が前面にあること、シンプルな角型の花立が挙げられます。
ただし、仏式と同じように神式にも地域差があるため、神主にどのような形のお墓が最適かあらかじめ確認しておくと安心です。
また、神式でも仏式でも正面の文字は「○○家之墓」で問題ありませんが、「○○家奥都城(おくつき)」「○○家先祖代々霊位」などとも書かれます。
仏教でいう戒名は霊号となり、亡くなった年齢や性別によって、生前の姓名の後に決まった文字が付く形になります。
霊号などを彫る板は霊標と呼ばれており、仏教でいうところの墓標や墓誌と同じようなものです。
神道では亡くなると幽世に帰ると考えられているため、命日は帰幽日と書かれます。
神道のお墓は、一瞬見ただけでは仏教のお墓とそれほど大きな違いがないように見えますが、細かな違いがたくさんあります。
今回ご紹介した以外にも細かな違いはありますので、実際に神道のお墓を建てるときは、やはり神主に指導を仰いだほうが良いでしょう。
ちなみに、お墓だけではなくお参りのやり方も若干違ってきますので、神式でお墓を建てた場合は注意しましょう。

  • やすらぎの丘霊苑
  • 北大阪霊園
  • 京阪奈墓地公園
  • 野崎霊園