美しい景観に包まれ、故人とともに安らげる霊園を選ぶなら

  • やすらぎの丘霊苑
  • 北大阪霊園
  • 京阪奈墓地公園
  • 野崎霊園

スペシャルコラムお役立ち情報が満載

日本人だからこそ樹木葬を

日本人だからこそ樹木葬を

日本のお墓と言えば、墓石がたくさん並んでいる光景が思い浮かばれますが、最近は少し変わった形のお墓も増えています。
その中でも特に新しく、変わった埋葬方法として知られているのが樹木葬です。
樹木葬は、墓石の代わりに樹木をシンボルとして供養する方法です。
もともとはペットのお墓として確立された樹木葬ですが、ペットと一緒のお墓に入りたいという人や、人も樹木葬で供養したいという要望も次第に増えてきたのです。
日本人の価値観として、亡くなったら人も動物も皆同じように土に還り、自然の一部となることが美徳とされていました。
この価値観はい、まだ日本人の根底として揺るぎなく残っているようで、新しい埋葬方法であるにもかかわらず、樹木葬の需要は出始めた当初から急速に増加しています。

樹木葬の種類とメリット

樹木葬の種類とメリット

樹木葬には、里山に自然に生えている樹木を墓標とする里山型と、整備された公園型があります。
公園型は一人一本という体制は珍しく、大きな木を一本据えてその下に合同で埋葬するタイプや、区画ごとに樹木を植えるタイプ、ガーデンタイプなど様々です。
都心部で樹木葬をするなら、必然的に公園型になるでしょう。
樹木葬のメリットは、何といっても自然に還ることができる点です。
自然に還るという意味では散骨も方法の一つではありますが、法律的な規制が設けられている分なかなか手を出し難い面があります。
一方樹木葬は墓地にお骨を埋葬しますので、通常の墓地と同じように図らうことが可能です。
さらに、樹木を墓標にするのでお墓を建てる必要もなく、初期コストを抑えることができます。
しかしその分、樹木を枯らさないようメンテナンスが必要になるため、維持費は必要です。
樹木葬は墓石のお墓のように大きく名前が彫られているわけではないため、どこに埋葬されたのかわかりづらい部分もありますが、墓誌を建てることで解決できるでしょう
特に、里山型は頻繁に訪れなければどこに埋葬されたかわからなる恐れがあるため、公園型のほうが現代にマッチしていると言えます。

  • やすらぎの丘霊苑
  • 北大阪霊園
  • 京阪奈墓地公園
  • 野崎霊園