美しい景観に包まれ、故人とともに安らげる霊園を選ぶなら

  • やすらぎの丘霊苑
  • 北大阪霊園
  • 京阪奈墓地公園
  • 野崎霊園

スペシャルコラムお役立ち情報が満載

お墓を建てる際には墓相もチェックしたい

お墓を建てる際には墓相もチェックしたい

お墓を建てる際に考えることといえば様々ありますが、最も注意深く考えるのは価格についてでしょう。
どれだけ理想的な墓石が見つかったとしても、価格的に手が出ないこともあります。
また最近では、デザインを気にする傾向も強まってきているようです。
それ以外にも「墓相」についても知っておいた方がよいでしょう。
あまり聞き馴染みのない言葉ですが、基本的には手相や家相などのお墓バージョンと考えて差し支えありません。
墓相の鑑定方法はケースバイケースのようで、鑑定する人によっても勧められるお墓の構成などは違います。
基本的な説としては、自然石は使用してはいけない、青い色をしている墓石を使うと災害被害などに遭ってしまう、お墓の上に木があるとNGなど、 数えきれない「良くない」説が存在していますが、地域などによっても違い、逆に「これだけは絶対だめ」というものもありません。
お墓の向きの良し悪しもあると言われており、東南を向いているお墓は良いとされています。
逆に良くないと言われる方角もあるので、要注意です。
科学的な根拠があるわけではありませんが、お墓を建てる際に気にするという人達もたくさんいます。
できれば、上記したような良くないとされているものを、わざわざ用いたりするのは避けるべきでしょう。

墓相は重要視すべきなのか?

墓相は重要視すべきなのか?

墓相を全く気にしないでお墓を建てる人もいれば、鑑定結果をすべて反映させるという人もいます。
どちらも悪いわけではないでしょうが、墓相の鑑定結果をすべて聞き入れてしまうと、お墓の耐久性が悪くなったり、管理や手入れしづらくなったりするものが出来上がるかもしれません。
墓相が良いに越したことはありませんから、可能な限りは考慮してもよいでしょう。
しかし、それにのみとらわれてしまうのではなく、故人が本当に安らげるようなお墓を作りたいです。
墓相を取り入れるか取り入れないかはどちらでも構いませんが、お墓を建てる前には参考までに一度鑑定をしてもらうのも良いかもしれません。

  • やすらぎの丘霊苑
  • 北大阪霊園
  • 京阪奈墓地公園
  • 野崎霊園