美しい景観に包まれ、故人とともに安らげる霊園を選ぶなら

下記霊園についてのお問い合わせはこちらから

  • やすらぎの丘霊苑
  • 北大阪霊園
  • 京阪奈墓地公園
  • 野崎霊園

スペシャルコラムお役立ち情報が満載

独身の次男がお墓に入れるか入れないかは永代使用権者次第

独身の次男がお墓に入れるか入れないかは永代使用権者次第

先祖代々続いているお墓というのは、通常は永代使用権を有している人とその家族が入ることになります。
例えば、先祖から続いているお墓があった場合、長男とその家族はそこに入ることができますが、それ以外の人は基本的にはそのお墓には入らないのが普通です。
しかしもちろん例外もあり、永代使用権を有している人と、その家族以外が先祖から続いているお墓に入ることも一定数あります。
次男が独身の場合、わざわざ自分だけのためにお墓を作るというケースは、そう多くはありません。
そういった際には永代使用権者が許可を出しさえすれば、問題なく先祖から続くお墓に入ることが可能です。
もちろん次男でなく、それ以外の兄弟姉妹でも同様ですが、それぞれの家庭によって事情は異なりますので、次男などが入りたいと希望しても、永代使用権者が拒否すると入ることはできません。
そして稀なケースかもしれませんが、例えば次男が結婚しているにもかかわらず、子どもがいない場合、わだわざお墓を作ることなく、夫婦そろって先祖からのお墓に入るということもあるかもしれません。

お墓に入るための条件とは

お墓に入るための条件とは

永代使用権を有している人とその家族以外が先祖代々のお墓に入る場合には、永代使用権者が認めなければいけません。
しかし場合によっては、その権利者が認めたとしても次男などがお墓に入れないケースもあるのです。
それは霊園などがあらかじめ定めている場合で、明確にルール化されている場合はそれを覆すのは難しいでしょう。
やはりお墓のこととなりますと、様々なトラブルが発生しかねません。
確かに法律面では次男であっても三男であっても、長女などであっても…問題なく入ることはできますが、基本的には永代使用権者が大きな決定権を握っているのです。
元気なうちや若いうちはお墓に関しては全く興味を抱いていない、考えていない人も多いですが、早めに調べておくことも大事かもしれません。

  • やすらぎの丘霊苑
  • 北大阪霊園
  • 京阪奈墓地公園
  • 野崎霊園