美しい景観に包まれ、故人とともに安らげる霊園を選ぶなら

下記霊園についてのお問い合わせはこちらから

  • やすらぎの丘霊苑
  • 北大阪霊園
  • 京阪奈墓地公園
  • 野崎霊園

スペシャルコラムお役立ち情報が満載

墓石の構成とそれぞれの名称について

墓石の構成と名称について

墓石の構成と名称について

日本人にとってお墓は比較的馴染み深いものでしょう。
先祖代々伝わっているお墓などがあり、お盆や正月の度にお墓参りをしているという人も大勢います。
そんなお墓ですが、実は墓石は様々な部分によって構成されています。
まず和型墓石の構成で挙げられるのは竿石という部分で、これは○○家之墓などと記されている石のことです。
最も視線が行く部分であり見覚えがあるという人も多いでしょう。
そしてその竿石を支えているのが上台という部分で、さらにその下にも石がありその名称は下台となります。
さらにそれよりも地面側にカロートという名称の部分がありますし、これらの他にも中台などが備わっているケースもあるでしょうし、構成は千差万別です。
それらよりも少し前に供物台という名称のお供え物などを置く石、さらには花を供える花立もあります。
他にはケースバイケースではありますが、灯篭、物置台などが備わっているお墓もあるでしょう。

墓石の構成はお墓によって様々

墓石の構成はお墓によって様々

霊園に行くと分かりますが、お墓にはそれぞれ特徴があります。
同じ和型タイプの墓石であったとしても、例えば物置台がないケースもあれば、灯篭がないケースなど様々です。
また和型墓石以外にも、洋型墓石や最近ではデザイン型墓石も増えてきており、これらは和型とはかなり違う構成をしていることもあります。
墓石の構成によってお墓のイメージは大きく変わり、「いかにもお墓」というものもあれば、あまりお墓に見えないようなものもたくさんあります。
墓石の構成次第でデザインは変わりますし、自分が望むデザインのものを墓石構成によって好き勝手変更する人も少なくありません。
デザイン型墓石は、名前の通り様々なデザインが施されていて、故人が携わっていた仕事にまつわるもの、趣味に関するデザインが施されていることも多いです。
墓石の構成とそれぞれの名称はルール付けされたものではないでしょうが、竿石などは覚えておいて損はないでしょう。

  • やすらぎの丘霊苑
  • 北大阪霊園
  • 京阪奈墓地公園
  • 野崎霊園