美しい景観に包まれ、故人とともに安らげる霊園を選ぶなら

下記霊園についてのお問い合わせはこちらから

  • やすらぎの丘霊苑
  • 北大阪霊園
  • 京阪奈墓地公園
  • 野崎霊園

スペシャルコラムお役立ち情報が満載

墓石の型の種類について

お墓の形には色々ある

お墓の形には色々ある

お墓を建てるときはまず形を決める人が多いのではないでしょうか。
とても大きく分類してしまえば、お墓は近年増加傾向にある洋型と、伝統的な和型の2タイプに分けられます。
洋型といっても、墓石の種類として分類する洋型はキリスト教の伝統的なお墓の形のことではありません。
キリスト教の伝統的なお墓ももちろん洋型ではありますが、和型以外のお墓はすべて洋型と呼んでいます。
つまり、伝統的な「○○家の墓」と彫られているような長方形の墓石以外の形以外のすべてです。
洋型の墓石にしたところでお参りに来る遺族は日本人ですし、日本らしい習慣をしっかりと果たせるようにお花やお線香をあげるスペースが設けられていますから、 外国の墓石という意味にしてしまうと少し意味が変わってしまうのですね。
和型の墓石には宗教的な意味が含まれている一方で洋型の墓石には縛りが無いため、自由な形が実現できます。

和型の墓石には深い意味がある

和型の墓石には深い意味がある

和型の代名詞といわれるのが和型三段墓です。
地面から順に、芝台、中台、上台が積まれ、一番上に名前を彫る竿石が乗った典型的な形です。
お墓と言えばこの形を思い浮かべる人が最も多いでしょう。
この三段は仏舎利塔や五輪塔をモチーフにしているようです。
三段墓は簡略化されていますが、五輪塔をそのままお墓にしているケースも見られます。
五重塔が有名なお寺は諸所ありますが、これも五輪塔の一種であり、歴史のあるお墓と言うことができます。
五輪は地・水・火・風・空の5つがモチーフとなっています。
一般的な和型三段墓の上に屋根のようなものが乗っているお墓は、大名墓と呼ばれます。
現代では誰でも建てて良いお墓の形になりましたが、昔は位の高い大名しか建てられなかったようです。
日本には仏教の次に人口が多いとされる宗教に神道がありますが、神道のお墓は和型三段墓と酷似しています。
ただ、竿石の上の部分が平らではなく四角錐を象っており、修行者のずきんをイメージしています。

このように、お墓には様々な形が存在します。
一般的な和型三段墓以外にも候補を広げて考えてみてはいかがでしょうか。

  • やすらぎの丘霊苑
  • 北大阪霊園
  • 京阪奈墓地公園
  • 野崎霊園