美しい景観に包まれ、故人とともに安らげる霊園を選ぶなら

下記霊園についてのお問い合わせはこちらから

  • やすらぎの丘霊苑
  • 北大阪霊園
  • 京阪奈墓地公園
  • 野崎霊園

スペシャルコラムお役立ち情報が満載

宗教は大事な問題

宗教は大事な問題

人と人とが結婚するのは、相手と人生の終焉まで共に歩みたいという思いがあってこそでしょう。
宗教観念が薄い日本において、結婚する段階で相手の宗教を重要視する人はそれほど多くはありません。
ウェディングドレスか白無垢かという論争がわき上がる程度でしょう。
しかし、いざ人生の終焉を迎えたときに大きな壁となって直面するのがこの宗教の壁です。
夫婦双方とも同じ宗教、同じ宗派ならばどちらかのお墓に入っても全く問題ないため御の字です。
同じ仏教で宗派が違う場合は多少の論争はあるかも知れませんが、大枠で言えば問題なく同じお墓に入ることができます。
問題は、仏教とキリスト教など完全に宗教が違う場合です。
結婚したとき、あるいは結婚から亡くなるまでのどこかのタイミングでどちらかの宗教に改宗していれば先祖代々のお墓に一緒に入ることが可能となります。
とはいえ宗教は昔から戦争の要因になり得るほど人間にとって重大なものであり、人によっては改宗なんて考えられないという人もいるでしょう。
そのような夫婦におすすめしたいのが、宗教不問の墓地です。

夫婦で宗教が違ってもお墓は建てられる

夫婦で宗教が違ってもお墓は建てられる

宗教不問の墓地はその名の通り、埋葬する人の宗教は問われません。
お寺や教会の墓地ならば完全にその宗教を踏襲することになりますが、宗教が問われなければたとえ夫婦の宗教が違っていても一緒のお墓に入ることができます。
宗教不問の墓地は意外と多く、公営でも民営でも霊園とつく墓地は宗教不問であることが多いようです。
宗教が違うと建てるお墓のスタイルにも違いが出てくると思いますが、どちらの宗教にもこだわらない最近人気のスタイルなら問題ないでしょう。
ひとつ気をつけたいのが、お寺で宗教不問としている墓地です。
この場合、生前の宗教は不問だが墓に入るまでの改宗を条件とするパターンもあるためです。
宗教は人の信念のようなものですから、信念を曲げたくない人はやはり宗教不問の霊園をおすすめします。
夫婦で宗教が違う場合は亡くなった後で宗教で揉めることのないよう、生前からお墓についてよく考えておきましょう。

  • やすらぎの丘霊苑
  • 北大阪霊園
  • 京阪奈墓地公園
  • 野崎霊園