美しい景観に包まれ、故人とともに安らげる霊園を選ぶなら

  • やすらぎの丘霊苑
  • 北大阪霊園
  • 京阪奈墓地公園
  • 野崎霊園

スペシャルコラムお役立ち情報が満載

事実婚でも一緒のお墓に入れるけれど…

事実婚でも一緒のお墓に入れるけれど…

お墓は一般的に血縁関係のある人が一緒のお墓に入るものです。
しかし、事実婚の場合はどんなに愛し合っていようと入籍していないわけですから他人ということになります。
そのため一緒のお墓に入ることはできないのではと思われる人も多いことでしょう。
実は事実婚でも一緒のお墓に入ることを禁止する法律はありません。
要は周りが認めてくれるかどうかによるのです。
生前から家族全員に認められ、事実婚でも同じお墓に入ることが当然のような関係であれば、問題が発生することは少ないでしょう。
しかし現実に事実婚で同じお墓に入れる人は一部です。
多くの場合、それぞれの実家のお墓に入ることになるようです。

事実婚でお墓を建てたいときは

事実婚でお墓を建てたいときは

先祖代々のお墓に埋葬するときは、永代使用権を所有している人の許可が必要です。
前述のように家族全員が夫婦として認めている関係ならば事実婚でも許可を得やすいですが、たとえ夫婦のような関係として認められていても先祖代々続くお墓のことですから反対されることも多いでしょう。
また、お寺の方針で血縁以外は認めないとしているケースも考えられます。
その場合は同じお墓に入る事は難しいでしょう。
しかし、二人で新たにお墓を建てるならば特に問題はありません。
ただ、お墓参りなどの都合もありますから、新たにお墓を建てる場合でも周囲に許可は取っておきましょう。
事実婚の場合は夫婦で性別が違うため、墓石には名字以外の文字を彫るのもおすすめです。
現在、パートナーに先立たれたシニア世代の事実婚が増加しているといいます。
籍を入れてしまうと自分の子供に入るはずだった遺産が再婚相手のものとなってしまい、遺産トラブルの原因にもなりかねないため、あえて結婚しない事実婚の形式を取っているようです。
それでも夫婦のように愛し合っている関係ですからせめてお墓だけは一緒に…という思いもあるのではないでしょうか。
ご家族もその思いを是非尊重してあげたいものです。

  • やすらぎの丘霊苑
  • 北大阪霊園
  • 京阪奈墓地公園
  • 野崎霊園