美しい景観に包まれ、故人とともに安らげる霊園を選ぶなら

下記霊園についてのお問い合わせはこちらから

  • やすらぎの丘霊苑
  • 北大阪霊園
  • 京阪奈墓地公園
  • 野崎霊園

スペシャルコラムお役立ち情報が満載

樹木葬とは

樹木葬とは

日本では、お墓は石でできたものが一般的です。
特に御影石と呼ばれる石材が人気で、多くの人が墓石として買い求めています。
しかし、お墓は石にしなければならないという決まりはありません。
散骨という方法も人気を集めていますが、故人を供養する方法の一つとして樹木葬も挙げられます。
樹木葬は、その名の通り樹木を用いた供養の方法で、墓石を墓標とする代わりに、樹木を墓標とするのです。
一口に樹木葬といっても、墓地の中央に一本の樹木を植えてその周辺に遺骨を埋葬する場合もあれば、遺骨を埋葬するたびに一本ずつ苗木を植えていくケースもあります。
樹木葬はペットのお墓として行われることが多いですが、最近後者のケースを人の供養として用いられ人気です。
ただし、樹木を使用するお墓だからといって、樹木葬はどこでも良いというわけではありません。
適当な空き地に遺骨を埋めてしまうと、遺骨遺棄罪に問われてしまいます。
樹木葬は、必ず樹木葬が許可されている墓地や霊園で行うようにしましょう。
散骨も遺骨遺棄罪に問われる恐れがありますが、きちんとした手順を経た樹木葬は死体遺棄罪に問われる恐れがなく自然に帰すことができます。

石板プレートとは

石板プレートとは

石板プレート(ストーンプレート)は、あまり耳なじみのない方も多いかも知れません。
言葉や絵などが石に刻まれた板のことで、樹木葬と同じくペットのお墓に良く用いられます。
人のお墓としては、公園の緑の中に故人の名前が刻まれた石板プレートを置く、新しいお墓の形としても徐々に人気を集めています。
そのほかにも、一般的な墓石のお墓に取り付けられることもあります。
遺影を石板プレートに刻むこともできるため、遺影が刻まれた石板プレートを墓石に設置すれば、お墓参りでも遺影を前に供養することができます。
いわゆる普通のお墓ではないお墓で供養をしてあげたい時には、樹木葬や石板プレートでの埋葬も是非考えに入れてみてはいかがでしょうか。

  • やすらぎの丘霊苑
  • 北大阪霊園
  • 京阪奈墓地公園
  • 野崎霊園