美しい景観に包まれ、故人とともに安らげる霊園を選ぶなら

  • やすらぎの丘霊苑
  • 北大阪霊園
  • 京阪奈墓地公園
  • 野崎霊園

スペシャルコラムお役立ち情報が満載

お墓を建て替えるタイミング

お墓を建て替えるタイミング

お墓は先祖の魂が供養される場所ですから、単純にお墓を新しくすれば良いという問題ではありません。
建て替える前に、住職に閉眼供養をしてもらいましょう。

閉眼供養は魂抜きとも呼ばれ、お骨を一旦預かってもらうために行われます。
その後、お墓の建て替えが施工され、完成したら引き渡しです。
今度はそのお墓にお仏様を戻さなければいけませんので、開眼供養(魂入れ)を行うことになります。
閉眼供養~開眼供養をお寺にお願いする際は、お墓を建て替える際にかかった金額の1割程度をお布施としてお寺に納めることが一般化されています。
建て直しを請け負っている業者に依頼する際はわかりやすい金額を提示されるかと思われますが、お布施は金額が指定されているわけではないため、一度お寺に相談しておくと安心です。
お墓の建て直しは一生に一度あるかないかの出来事かと思われます。
分からないことがあれば、石材店などに相談すると良いでしょう。
同時に建て替えのプランなども相談できるため、おすすめです。

建て替えの手順とポイント

建て替えの手順とポイント

お墓は個人の所有物だからといって、勝手に埋葬されているお骨を持ってくることはできません。
分骨するにはきちんとした手続きが必要です。
お骨をお墓から取り出すためには、埋葬されているお墓がある墓地を管理している管理者から、分骨証明書を出してもらいましょう。
これは分骨先のお墓の管理者に提出するものですが、手元供養の場合でも、後々お墓に埋葬する可能性を考えると、発行してもらうことをおすすめします。
発行してもらった分骨証明書はなくさないよう、大切に保管しておきましょう。
火葬する段階ですでに分骨することが決まっている場合でも、この分骨証明書は必要です。
お骨を取り出すときにお墓の石を動かさなければなりませんが、自分で動かせそうにない場合は予め石材店に動かしてもらえるよう計らっておくと良いでしょう。
また、分骨は個人の問題ではありません。
勝手に分骨した結果、親族同士の意見が対立して争うようなことになれば、故人も浮かばれないでしょう。
親族全員が関わってくることですので、親族の了承は必ず得てください。

  • やすらぎの丘霊苑
  • 北大阪霊園
  • 京阪奈墓地公園
  • 野崎霊園