美しい景観に包まれ、故人とともに安らげる霊園を選ぶなら

下記霊園についてのお問い合わせはこちらから

  • やすらぎの丘霊苑
  • 北大阪霊園
  • 京阪奈墓地公園
  • 野崎霊園

スペシャルコラムお役立ち情報が満載

分骨して新しくお墓を作るときに気をつけること

分骨して新しくお墓を作るときに気をつけること

日本では、亡くなった方は通常、火葬場でお骨の状態にした上で墓地に埋葬されることになります。
しかし、遺族やお墓のお世話をする人が、必ずしもお墓の近くに住んでいるとは限りません。
特に、地元が地方で先祖代々続いているお墓に埋葬されるとなった場合は、お墓まで行くだけで一苦労となり、お墓参りが一大イベントになってしまいます。
さらに、今までは墓地が近くにあり頻繁にお墓参りをすることができていたけれど、引っ越しのため遠方に行くことになってしまったというケースもあるでしょう。
そのようなときに行われるのが分骨です。
現在住んでいる場所の近くの墓地にもお骨をわけて埋葬することで、気軽にお参りをすることができるようになります。
また、遺族や関係者が亡くなった人を大切に思っていて、悲しみがなかなか癒えないといった場合にも手元供養といった形で分骨されます。
亡くなった方の一部が手元にあれば、悲しみから立ち直るための一助になってくれるかもしれません。

分骨で新しくお墓を建てるときの注意点

分骨で新しくお墓を建てるときの注意点

お墓は個人の所有物だからといって、勝手に埋葬されているお骨を持ってくることはできません。
分骨するにはきちんとした手続きが必要です。
お骨をお墓から取り出すためには、埋葬されているお墓がある墓地を管理している管理者から、分骨証明書を出してもらいましょう。
これは分骨先のお墓の管理者に提出するものですが、手元供養の場合でも、後々お墓に埋葬する可能性を考えると、発行してもらうことをおすすめします。
発行してもらった分骨証明書はなくさないよう、大切に保管しておきましょう。
火葬する段階ですでに分骨することが決まっている場合でも、この分骨証明書は必要です。
お骨を取り出すときにお墓の石を動かさなければなりませんが、自分で動かせそうにない場合は予め石材店に動かしてもらえるよう計らっておくと良いでしょう。
また、分骨は個人の問題ではありません。
勝手に分骨した結果、親族同士の意見が対立して争うようなことになれば、故人も浮かばれないでしょう。
親族全員が関わってくることですので、親族の了承は必ず得てください。

  • やすらぎの丘霊苑
  • 北大阪霊園
  • 京阪奈墓地公園
  • 野崎霊園