美しい景観に包まれ、故人とともに安らげる霊園を選ぶなら

  • やすらぎの丘霊苑
  • 北大阪霊園
  • 京阪奈墓地公園
  • 野崎霊園

スペシャルコラムお役立ち情報が満載

お墓の引っ越しとは?

お墓の引っ越しとは?

お墓を今ある場所から別の場所に移すことを「改葬」と呼びます。
お墓のある場所が住んでいる場所から遠く、お墓参りだけで大イベントとなってしまうような家庭も少なくありません。
お墓の近くに親族がいなければ管理するのも大変ですから、近くの墓地に引っ越しをしてお墓参りをしやすくするのが目的です。
しかし、改葬は自分の都合で勝手に行っていいものではありません。
そこには一定の決まりがあるため、流れをよく確認してから行う必要があります。

お墓の引っ越しの種類

改葬の流れを確認する前に、どのようにお墓を引っ越しさせるかについて考える必要があります。
具体的には、
①墓石ごとごっそり移動する
②新しく石碑を建て、遺骨とお土だけを移転させて元のお墓を撤去する
③新しく石碑を建て、元のお墓はそのままに遺骨とお土の一部だけを持ってくる(分骨)

お墓の引っ越しの種類

②と③は大方どこの墓地でも問題なく改葬できますが、①はできない場合もあるため、事前の確認が必要です。
①を希望する場合は改葬の前段階として最初に可否を確認しましょう。

改葬の流れ

改葬は、まず自治体に許可を得る必要があります。
現在のお墓を管理している人と、引っ越し先のお墓を管理する予定の人にそれぞれ承諾を得た証となる証書を発行してもらい、「改葬許可申請書」と一緒に引っ越し前の市町村に提出します。
手続きが完了するには1週間程度かかりますので、余裕を持って申請するとよいでしょう。
手続きが完了された場合は改葬許可証が発行されます。
①の場合は今まで使っていた土地が更地になるため、土地を返還する手続きも必要です。)

改葬の流れ

お墓をごっそり引っ越しさせるとなれば大がかりなトラックも必要ですが、お骨とお土のみ移動させる場合、移動は電車など交通機関でも問題ありません。
お骨は骨壺に入れて運びます。

改葬の流れ

そして最後に、引っ越し先に納骨します。
墓地が新しい場合は納骨法要の前、または納骨法要と一緒に開眼法要をする必要があるでしょう。
さらに、引っ越し先の墓石には納骨の前までに故人の戒名など必要な彫刻は済ませておくことが必要です。

改葬をするためには意外と多くの制約が設けられていますから、無知のまま行えばトラブルにも発展しかねません。
故人への敬意を払うためにもしっかりと事前に勉強してから行うことが求められます。
もしわからないことがあれば、お墓の専門家にどうすれば良いか聞いてみるのも良いでしょう。

  • やすらぎの丘霊苑
  • 北大阪霊園
  • 京阪奈墓地公園
  • 野崎霊園