美しい景観に包まれ、故人とともに安らげる霊園を選ぶなら

  • やすらぎの丘霊苑
  • 北大阪霊園
  • 京阪奈墓地公園
  • 野崎霊園

スペシャルコラムお役立ち情報が満載

お墓の石の種類とは?

墓石で使われている石で連想されるのは「御影石」である方が多いと思われます。
御影石とは花崗岩(かこうがん)のこと。
二つ名のような扱いである由来は、もともとは兵庫県の御影地方で採れた花崗岩の石材名だったものが広まったためと言われています。
現在は他の地域で採れたものだとしても花崗岩は御影石と呼ばれ、御影地方で産出された本物の御影石は「本御影石」と呼ぶようです。

お墓の石の種類とは?

さて、宝石と言えばダイヤモンドですがルビーもサファイヤも素敵です。
同じように墓石のスタンダードは御影石ですが墓石は御影石にしなければならない決まりなどどこにもありません。
実際、お墓には様々な色の墓石が見られます。
本来お墓はその地方で採れる石が使われていましたが、現在は外国から輸入した石もありバラエティが豊かです。
雨風にさらされるお墓ですから耐久性の面は考慮したいところですが、実際問題奈良時代の墓石が健在している例も残されていることから、墓石として販売されている石ならば欠陥品でもない限り問題ないと言えるでしょう。
そうなると墓石を選ぶ基準となってくるのが、色や質感、模様と言ったところでしょうか。

墓石に用いられる墓石の種類

墓石には花崗岩の他に、安山岩や閃緑岩、斑レイ岩などが挙げられます。
石の種類は成分や生成方法などで決められますが、同じ種類でも産出される地域によってキメの細かさが異なることもあり、実に奥が深いものです。

墓石に用いられる墓石の種類

○日本で産出される墓石
日本は火山大国ですからどの地域でも石材が産出され、200以上もの銘柄があるとされています。
中国産など安い石材が台頭してきたことで国産の石材の市場は狭まってはいますが、ブランド化している石材は高級品として安定した需要を確保しています。
特に独特な模様とわずかに青みがかった色合いが特徴的な「庵治」と呼ばれる石材は、香川県で産出される最高級品の墓石とされています。
また、福島県は良い石材がたくさん採れる地域であり、芝山石や宝輝などブランド銘柄も多数あります。

墓石に用いられる墓石の種類

○海外で産出される墓石
海外製の墓石で多いのが、前述した中国のものです。
輸入が始まった当初は安かろう悪かろうの墓石でしたが、品質の改善が進み、今では墓石として圧倒的なシェアを確立しています。
中国産の石材の多くは福建省で産出されるものですが、墓石の種類は数字で管理され、採れた場所によって数字が変わります。
また、中国以外の輸入先の代表格としてはインドも挙げられます。
硬度が高く深い色合いが魅力的である一方、安定した供給ができない一面もあるため、輸入量は中国製のものと比べて微量です。
アメリカやヨーロッパからも輸入は全くないわけではありませんが、外国産の墓石と言えば中国といった現状です。

墓石に用いられる墓石の種類
  • やすらぎの丘霊苑
  • 北大阪霊園
  • 京阪奈墓地公園
  • 野崎霊園