美しい景観に包まれ、故人とともに安らげる霊園を選ぶなら

下記霊園についてのお問い合わせはこちらから

  • やすらぎの丘霊苑
  • 北大阪霊園
  • 京阪奈墓地公園
  • 野崎霊園

スペシャルコラムお役立ち情報が満載

墓石の文字に決まりはない?

墓石の文字に決まりはない?

最近のお墓には、墓石に家名以外の文字が記された墓石をよく見るようになりました。

墓石に刻む文字に、宗教的な意味での決まりごとは特に存在しないと推測されます。
ただし、一つ注意したいのが、お墓を建てる場所が寺院墓地か、民営墓地又は公営墓地かという点です。
基本的には墓石に刻む文字は何でも良いのですが、寺院墓地の場合は宗派が制限されていたり格式が重んじられていたりするため、旧式に倣って「○○家之墓」と彫ることが一般的のようです。
また、御題目を刻むこともありますが、これも宗派によって細かく規定されています。
よく見る「南無阿弥陀仏」は天台宗・浄土宗・浄土真宗のもので、真言宗なら「南無大師遍昭金剛」、日蓮宗なら「南無妙法蓮華経」と実に様々です。
それに対して後者の場合は宗派に規定がない場合が多く、墓石の色形も刻む文字も自由にレイアウトOKと考えてよさそうです。

お墓に刻む文字は言葉でもOK

核家族化が進み、「家」の意識が薄れた現代において、お墓に「○○家」と刻むのはもう時代遅れなのかもしれません。
その代りに、故人の好きだった言葉や子孫に伝えたい言葉を記すというのもいいでしょう。
ちなみに、家名以外の言葉が刻まれたお墓は「無家名墓」と言うそうです。
「夢」「魂」「輝」などの漢字一文字のお墓から「ありがとう」「やすらぎ」「一期一会」などの言葉まで、文字や言葉は自由に選べます。
「やすらかにここに眠る」「いつかまた会える日まで…」、好きな歌の歌詞など、文章でも問題ありません。
いずれにしても大切なのは、故人を思って刻む言葉を選ぶことです。
他のお墓と差をつけようと思うばかりに、故人のことを考えずに刻む文字を選択しては本末転倒です。

お墓に刻む文字は言葉でもOK

お墓なので故人の名前をどこかに入れることも多く、キリスト教の場合は洗礼名を記すことが一般的となっています。
故人の好きだった言葉や聖書の一説を刻むことも多いようです。
また、キリスト教は一人に一つのお墓という考え方ですが、日本の慣習に倣って家族が一緒のお墓に入る場合は、日本と同じように家名を刻むことも多くなっています。
また、キリスト教は線香ではなくろうそくを立てるため、香炉の必要がない代わりにろうそくを立てる場所を設けることを忘れてはなりません。

お墓の文字の書体は?

丸字のポップ体で「故人を偲ぶ」などと書かれていたら、そこに納骨された故人もビックリです。
もちろん、書体にも決まりはないので、それでも構わないと言えば構わないのですが、常識を逸脱している文字はできるだけ避けた方がいいでしょう。

お墓の文字の書体は?

一般的に多く用いられるのは楷書体の他に、隷書体や行書体などがあります。
書家の書いた筆文字をそのままデザインとして刻んでも素敵です。
墓石の形や刻む言葉に合った書体を選ぶと、お墓全体に統一感も出るでしょう。

お墓の文字の書体は?

一度墓石に刻んだ文字は、変えようと思ってもすぐに変えられるものではないので、よく考えて慎重に選ぶ必要があります。
そのお墓に入る故人が最も喜ぶような素敵な言葉を刻んであげてください。

  • やすらぎの丘霊苑
  • 北大阪霊園
  • 京阪奈墓地公園
  • 野崎霊園