美しい景観に包まれ、故人とともに安らげる霊園を選ぶなら

下記霊園についてのお問い合わせはこちらから

  • やすらぎの丘霊苑
  • 北大阪霊園
  • 京阪奈墓地公園
  • 野崎霊園

スペシャルコラムお役立ち情報が満載

キリスト教のお墓はどこに建てる?

日本では仏教に基づく和型の墓石が一般的なお墓の形ですが、宗教によってお墓の形は違います。
死者の弔い方や死についての概念も宗教ごとに違うので、お墓の形が違うのです。
中でもキリスト教の場合は、お墓を建てる場所を選ぶ宗教で、こと日本においては仏教または神道が主流のため、その中にキリスト教のお墓を建てようとしても建てらない場合があります。
キリスト教のお墓は原則、芝生の上に建てられるので、まず建てられる墓地を探さなければなりません。
キリスト教にもカトリックとプロテスタントの二派がありますが、カトリックの場合は納骨堂に遺骨を納めることもあるようです。
そうでなければ、協会が所有している墓地にお墓を建てることになるでしょう。
プロテスタントの場合は各地区に墓地があり、協会に所属している人ならば使用が可能となります。

キリスト教のお墓はどこに建てる?

キリスト教のお墓はどんな形?

キリスト教のお墓に決まった形は特にありません。
よくあるのは、低めの白い墓石か十字架の形を模したものでしょう。
外国人墓地をイメージしていただければわかりやすいのではないでしょうか。
日本のお墓ではあまり使われませんが、大理石を使ったお墓もキリスト教らしいですね。
お墓に刻む文字もこれといって指定されたものはありませんが、十字架のしるしは必須のようです。

キリスト教のお墓はどんな形?

お墓なので故人の名前をどこかに入れることも多く、キリスト教の場合は洗礼名を記すことが一般的となっています。
故人の好きだった言葉や聖書の一説を刻むことも多いようです。
また、キリスト教は一人に一つのお墓という考え方ですが、日本の慣習に倣って家族が一緒のお墓に入る場合は、日本と同じように家名を刻むことも多くなっています。
また、キリスト教は線香ではなくろうそくを立てるため、香炉の必要がない代わりにろうそくを立てる場所を設けることを忘れてはなりません。

キリスト教のお墓はどんな形?

キリスト教のお墓に対する考え方

先に納骨堂のお話をしたのでおわかりかと思われますが、キリスト教も日本と同じように火葬されて埋葬します。
また、キリスト教はお墓で故人を供養するのではなく、お墓の前で故人を偲ぶ宗派です。
お墓は故人との思い出を懐かしんだり、自分のことを考えたり、神に祈りをささげたりするための場所ということです。

キリスト教のお墓に対する考え方

日本の仏教・神道のお墓とキリスト教のお墓では、このようにさまざまな違いがあります。
総合石材の霊園の中にはキリスト教信者のためのお墓が建てられる場所もありますので、ご検討下さい。

  • やすらぎの丘霊苑
  • 北大阪霊園
  • 京阪奈墓地公園
  • 野崎霊園