美しい景観に包まれ、故人とともに安らげる霊園を選ぶなら

  • やすらぎの丘霊苑
  • 北大阪霊園
  • 京阪奈墓地公園
  • 野崎霊園

スペシャルコラムお役立ち情報が満載

お墓は生前に作る!というケースが急増中

お墓は生前に作る!というケースが急増中

一昔前だと先祖代々のお墓に入らないという場合は、
亡くなった後にその子どもたちがお墓を作るというケースが目立ちましたが、
今は少し変わってきています。
生前に自分達の分は自分達で作っておこうと考える人が増え始めているのです。
近頃、「終活」という言葉も話題になっているように、
自分が亡くなった時のことを想定して、
「事前に準備できるものはしておくんだ!」という風潮が広まってきているんですね。

お墓は生前に作る!というケースが急増中

お墓に限らずに今まではどうしても長男をはじめ子どもたちに負担がのしかかっていましたが、
終活のおかげでトラブルが起こることなく、スムーズに事が進むようになってきているのです。
生前にお墓を作ることを「寿陵」というのですが、これには数多くのメリットがあります。
まずは亡くなった後に入るお墓があるという安心感を得ることができます。
それにとどまらず上記したように子どもが負うべき負担が減るので、
子ども側もメリットを感じられるでしょう。
お墓を作るというのは簡単なことでもないので、
「寿陵」があると安心です。
また「寿陵」だと自分が思い描いている通りのお墓にすることができるのもいいですよね。
亡くなった後に作ってもらうのなら遠慮してしまいがちですが、
生前に作っておくことで、自分が大好きな趣味に関するデザインのお墓に仕上げることもできます。
例えばサッカーが好きな人ならサッカーグラウンドを形作ったり、
サッカーボールを作ったりなどですが、
そんな大好きなものに囲まれてお墓に入ることができるというのは、
かなり大きなメリットではないでしょうか。
また海が好きなのでオーシャンビューの素敵な場所にお墓を用意することなどもでき、
メリットだらけだと言えるでしょう。

寿陵を作ることで節税ができるの?

寿陵を作ることで節税ができるの?

上記の他にも節税が可能だというメリットがあります。

通常亡くなって財産が移ると相続税を支払わなくてはいけません。
ですがお墓という財産に関しては相続税がかからないので、
その分節税が可能だというわけです。
親が亡くなる時に「○○○万円用意しておいたから
これでお墓を作ってほしい」と言われて相続した場合、
その分は課税対象になるでしょう。

寿陵を作ることで節税ができるの?

いまは少子化で相続税も大変なので、
課税対象額が低い場合はどちらにしても
相続税の支払いの必要はありませんが、
相続税が発生するほどの遺産がある場合は、
寿陵を検討しておくのも良さそうです。
生前にお墓を作るというのは、
数多くのメリットがあるということが分かりましたので、
今後この動きはもっと加速することでしょう。

  • やすらぎの丘霊苑
  • 北大阪霊園
  • 京阪奈墓地公園
  • 野崎霊園