美しい景観に包まれ、故人とともに安らげる霊園を選ぶなら

下記霊園についてのお問い合わせはこちらから

  • やすらぎの丘霊苑
  • 北大阪霊園
  • 京阪奈墓地公園
  • 野崎霊園

スペシャルコラムお役立ち情報が満載

お墓を作るということ

人間(日本人)は亡くなってしまうと火葬をされてお墓に入るのが一般的ですよね。
将来自分が入るお墓があるので新しく作るということに関して、考えたことがないという人も多いようです。
先祖代々続いているお墓があるとそこに入ることになるかもしれませんが、 そのお墓があるところから距離的に離れている場合には、新しく作ってしまうこともありますよね。
さらには既にあるにもかかわらず一緒に入りたくない…などの理由で新しく作るケースもあるでしょう。
そして日本には、本家と分家というものもあり、本家の人間は本家側のお墓に入るなどとなっていることも多いです。
ただし昔と比べてお墓に関する考え方は少し変わってきており、実際には先祖代々続いていて入るべきところがあるのに、 新しく作ってしまうという例もあるでしょう。
そしてお墓は誰が作るのかというのも大きな問題です。
ケースバイケースですが、一般的には祭祀の主宰者が、葬式が終わった後に作ることになるのですが、 基本的には祭祀の主宰者というのは長男です。
揉めないように事前に伝えておいたり、遺言書に書かれていることも多いようです。
ここで問題になるのは、お墓は誰のお金で作るのかということですが、親が遺したお金でというケースが多いでしょう。
それが難しいのであれば、将来このお墓に入る可能性のある人で出し合うというのが理想だと思われます。
基本的には家督を継ぐ人達以外は入らないかもしれませんが、場合によってはそれ以外の人達も入ることがあり得ます。
そういった場合は負担し合うのが理想かもしれませんね。

お墓を作るということ

お墓を作る時期に関して

お墓を作る時期については上記したように葬式が終了した後が一般的かもしれませんが、ただ葬式後すぐの時期といったわけではなく、 1周忌や3周忌がやってくる頃に作ろうと考える場合もあるでしょう。
時期がいつかというのは人それぞれですし、中にはお墓を作らないという人もいます。

それに今では、最新システムによって骨壺がされている納骨堂などもあり、都会では特に注目されているのです。
このようにお墓に関する日本人の意識は大きな変貌を見せていますが、最近はあらかじめ生前に自分が入るお墓を用意している人も多くなっています。
そ うすると自分好みのお墓が完成しますし、自分が亡くなった後に祭祀の主宰者に負担をかけることもありません。
この方法であれば入る本人だけではなく、周囲の人も困ることはありませんし、無用なトラブルに発展する可能性も低くなるでしょう。

お墓を作る時期に関して
  • やすらぎの丘霊苑
  • 北大阪霊園
  • 京阪奈墓地公園
  • 野崎霊園