美しい景観に包まれ、故人とともに安らげる霊園を選ぶなら

下記霊園についてのお問い合わせはこちらから

  • やすらぎの丘霊苑
  • 北大阪霊園
  • 京阪奈墓地公園
  • 野崎霊園

永代供養墓Permament Memorial Service

永代供養墓

永代供養墓とは

永代供養墓とは、継承者が不在、もしくは将来不在になっても、霊園が代わりに管理・供養する形式のお墓のことです。
霊園、寺院等によって管理・供養の仕方や、納骨の形式は様々です。
個別であっても将来的には合祀墓に移される永代供養墓もありますので、事前によく確認してください。

最近では、継承者がおられても先々の負担を無くす為、最初から永代供養墓を申し込まれる方や、現在あるお墓を処分されて、永代供養墓に変更される方もいらっしゃいます。
大切なお墓やご先祖の供養に関する事ですので、事前にご家族で十分話し合われることをお勧めいたします。

永代供養の形式について

下記に永代供養の形式をいくつか紹介いたします。

一般墓 永代供養墓 樹木葬
通常のお墓に、永代管理や永代供養のオプションを追加します。 永代供養専用のお墓です。比較的小さな区画がほとんどです。 樹木の下や周りに納骨して石板等を設置します。
桜葬 合祀墓 納骨堂
樹木葬のうち、桜の木の下や周りに納骨するのが桜葬です。 大きな納骨室に他の方と一緒に納骨します。 寺院や専用の建物の納骨壇に埋蔵します。個別や家族単位で納骨し、将来的に合祀される場合もあります。

お墓(遺骨)の引っ越し(改葬)

一度納骨した遺骨を別の場所に移すことを改葬といいます。
法律により、改葬するには、改葬元の墓地のある自治体による改葬許可が必要になります。
今あるお墓を引っ越しされる場合や、新しく建てたお墓に遺骨を移される場合、納骨堂・永代供養墓等に埋蔵し直す場合には、改葬の手続きが必要です。

石碑を引っ越しするには改葬許可の他に、新旧墓地での手続きも必要です。
石碑を撤去した後の墓地が不要な場合には、墓地を更地に戻し、墓地管理者への墓地返還手続きが必要です。
引っ越し先の墓地では、指定石材店の有無や、既存墓石の持込が可能か事前に確認してください。また、巻石(区画石)は新たに施工する必要があります。

改葬(お墓・遺骨の引っ越し)のお手続きについて

  • STEP01

    受入証明書の発行

    遺骨の改葬先の管理者より「受入証明書」を発行してもらいます。墓地使用許可証で代用できる場合もあります。

    ※改葬許可の申請者と改葬先の墓地使用者が異なる場合には、改葬先の墓地使用者の「埋蔵承諾書」が必要です。

  • STEP02

    改葬許可申請書の受取り

    改葬元の墓地がある市町村役場から「改葬許可申請書」を受け取ります。

    ※市町村によって申請書類の様式や、申請方法が異なりますので、「お墓の改葬について」という内容で必ず問い合わせしてください。

  • STEP03

    埋蔵証明書を受ける

    遺骨の改葬元の管理者に「改葬許可申請書」を提示し、埋蔵証明を受けます。別途「埋蔵(納骨)証明書」を発行される場合があります。

    ※改葬許可の申請者と改葬元の墓地使用者が異なる場合には、改葬元の墓地使用者の「改葬承諾書」が必要です。
    墓地の管理者が不明の場合は、改葬元の墓地がある市区町村役場で調査してもらえる場合もあります。

  • STEP04

    改葬許可証の発行

    改葬元の墓地がある市区町村役場に、「受入証明書」「改葬許可申請書」「埋蔵(納骨)証明書」を提出して「改葬許可証」を発行してもらいます。

    ※改葬許可の申請者と、墓地使用者が異なる場合、墓地管理者発行の「権利証明書」が必要になる場合があります。
    ※市区町村によって、提出書類が異なる場合がありますので必ず事前にお問い合わせください。

  • STEP05

    遺骨の取り出し

    改葬元の墓地の管理者に「改葬許可証」を提示し、遺骨を取り出します。

    ※墓地管理者には、事前に日時の連絡が必要です。
    ※お墓を撤去する場合や、墓地を返還する場合には、必ず事前に墓地管理者への連絡・手続きが必要です。撤去の際の石材店が決められている場合があります。
    ※墓地を返還する場合でも、既納の墓地永代使用料や、管理料は返還されない場合がほとんどです。

  • STEP06

    納骨

    改葬先の墓地(納骨堂)の管理者に「改葬許可証」を提出し、納骨を行います。

    ※新しい墓地の場合には、納骨の前に石塔に魂を入れてお墓にする開眼法要を行ってください。最近は納骨法要と同時にする場合もあります。
    開眼・納骨する場合、必ず新しい墓地の管理者に事前に連絡しておいてください。
    墓地によっては手数料が必要な場合もあります。
    また、納骨の当日までに、新しいお墓へ埋蔵する遺骨(故人)の戒名・法名・俗名、没年月日などを墓石や墓誌に彫刻しておいてください。

注意事項
※遺骨の一部を改葬する場合は、後々トラブルにならないように、ご親戚や今後お墓を守る方と充分に話し合うことが大切です。
※寺院墓地から遺骨を移す場合は、まずご住職様に理由を明確に伝えてください。改葬に関しては否定的なご住職様も多いので直接お会いしてお話しするのが好ましいでしょう。
※寺院墓地への改葬では、改葬先との檀信徒契約が必要になる場合があります。
※新しいお墓に戒名・法名・俗名、没年月日などを改めて彫刻する場合は、墓石を撤去処分する前に彫刻されている文字の確認が必要です。彫刻文字が読み取れない場合は、そのお墓の管理者に確認してください。

  • やすらぎの丘霊苑
  • 北大阪霊園
  • 京阪奈墓地公園
  • 野崎霊園